注意事項

このサイトは、ある臨床家の考え方だと思って下さい。
何かの症状はあるが、病院のどの科に行って良いのか分からないと言った方の助けになればと思い、可能な限り簡単な文章で、わかりやすさを意識して作りました。

医療知識がないと、どうしても自分の症状を甘く見積もる傾向にあるので、このサイトをみて安心することなく、必要に応じて医療機関に行くようにして下さい。

妊娠

妊娠中の症状

妊娠中は、主に体重変化やおなかが大きくなったために起きる姿勢変化が原因による以下の症状がほとんどです。
1.腰痛
2.肩こり(頭痛)
3.股関節の痛み
4.膝の痛み

そのほかに多い問い合わせとして
5.逆子
があります。

いずれの場合にでも、適切な施術を受ければ、軽減または消失が望めますので、しっかりとした教育を受けた先生による施術を受けて、楽な状態で妊娠ライフを楽しみ、出産に望みましょう。

LinkIcon詳しくはこちら

産後

出産後の症状

出産後は、出産による体型変化(骨盤が広がる)に加え、
・妊娠による筋力低下
・生活習慣の変化
・育児による疲労
が主な原因で以下のような症状を感じるようになってきます。

1.腰痛
2.肩こり(頭痛)
3.恥骨の痛み
4.膝の痛み
5.手首の痛み
6.尿漏れ

そのため、体型変化の施術に加え、適切な身体のケアを行わないと、症状が軽減してきません。
身体的疲労がたまると精神的にもつらくなってきます。すると、お子さんが泣き止まなかったりと、育児がさらに辛くなってきます。
可能な限り、定期的なケアを行い、楽な育児をするようにしましょう。

皆さんのイメージと異なり、骨盤の広がりは、概ね1〜2cm以内で、それ以上広がることは、解剖学的に『確実に』ありません。受診されている産婦人科の先生に確認してみてください。ただし、そのズレが原因で様々な症状が起きますので、しっかりと治療しておきましょう。

尿漏れは、骨盤底筋群の低下が主な原因ですが、その筋力の低下は、骨盤のズレが原因で起きていることがあります。ズレが残っている場合は、ある程度年を重ねてから出てくる可能性もあります。その場合は、近くの『国際基準』カイロプラクティックを受診してみてください。

LinkIcon詳しくはこちら