注意事項

このサイトは、ある臨床家の考え方だと思って下さい。
何かの症状はあるが、病院のどの科に行って良いのか分からないと言った方の助けになればと思い、可能な限り簡単な文章で、わかりやすさを意識して作りました。

医療知識がないと、どうしても自分の症状を甘く見積もる傾向にあるので、このサイトをみて安心することなく、必要に応じて医療機関に行くようにして下さい。

頭痛

代表的な病名

緊張性頭痛

多くは、不良姿勢による筋肉の緊張や筋肉のアンバランスによる緊張が継続し、その結果として、頭痛が出てきます。
首の前後の緊張や肩凝りが原因で出てくる頭痛です。

LinkIcon詳しくはこちら

片頭痛

多くは、頭の中の血管が拡張して、循環が良くなり過ぎるために、血管が広がったために頭痛が出てくると言われています。
ただし、頭痛の出方によって、血管が一時的に狭くなったために出ていると思われる片頭痛もあります。

LinkIcon詳しくはこちら

混合性頭痛(複合型頭痛)

緊張性頭痛と片頭痛の混合による頭痛です。

LinkIcon詳しくはこちら

群発頭痛(群発性頭痛)

現在は、三叉神経と呼ばれる顔の感覚に関わる神経と頚部の自律神経が関わっていると考えられる頭痛です。

LinkIcon詳しくはこちら

ムチウチ後の頭痛

交通事故や歩行時に、交差点などで不意に何かにぶつかるetc.の急な原因で、首周囲の筋肉や関節、靱帯に傷がついた状態です。その傷が原因で頚部の筋肉が緊張する。

LinkIcon詳しくはこちら

視力矯正後の頭痛

突然、視力が上がるために、その変化に身体が対応しきれないため出てくる頭痛です。
近年、レーシック手術後に頭痛を訴える方が増えてきました。

LinkIcon詳しくはこちら

歯や顎の問題による頭痛

顎関節症と診断されている・されていないに関わらず、食事内容(硬い食べ物)や長時間の会話の後に見られやすい頭痛です。

LinkIcon詳しくはこちら

大後頭神経痛

主に首の凝りが原因で、神経が圧迫され、その結果、神経が支配する領域に痛みを感じます。

LinkIcon詳しくはこちら

頚椎原性頭痛

筋肉や靱帯などに大きな問題が無く、首の関節が原因で、頭痛が出てきている状態です。

LinkIcon詳しくはこちら

脳腫瘍が原因の頭痛

脳に腫瘍があり、その腫瘍が脳の中で広がるため、頭痛が出てきます。

LinkIcon詳しくはこちら

脳血管が原因の頭痛

脳の血管が切れて、頭の中で広がるため、頭痛が出てきます。

LinkIcon詳しくはこちら

眼や耳や鼻が原因の頭痛

それぞれの場所の疾患により、頭痛が出てきます。
代表的なものとして緑内障、耳炎、副鼻腔炎があります。

LinkIcon詳しくはこちら

浅側頭動脈炎

側頭部にある動脈に炎症が起きた状態です。炎症があるため側頭部に痛みを感じます。

LinkIcon詳しくはこちら

帯状疱疹

体力や免疫力の低下により、神経に沿って帯状疱疹がおき、そのため痛みを感じる状態です。

LinkIcon詳しくはこちら

高血圧性頭痛

血圧が高い状態のときに感じる頭痛です。

LinkIcon詳しくはこちら

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)

一般に外傷(交通事故や転倒)により、脳を浮かべている液体が漏れ出てくるために頭痛を始め、様々な症状を感じるようになります。

LinkIcon詳しくはこちら

その他の病名

上記の多く見られる疾患以外にも様々な原因が考えれらます。単純な筋疲労などがあります。

LinkIcon詳しくはこちら

関連情報

頚肩部痛

肩凝りや首の痛みがあると、頭痛を悪化させる原因になったり、逆に頭痛が原因で首や肩の凝りや痛みを感じることがあります。

LinkIcon詳しくはこちら